FC2ブログ
eye

Recent Post

2018/10/17

夢二の美人画に刺激されて…

18年10月17日 記

 昨日の女装行は、実はルックスだけでなく、行先もいろいろ迷いました。
 瀬戸内海を渡って美術館に行こうか?、遠出にはなるけれど車で鳥取県にある続100名城にいこうか?、おとなしく県内の神社仏閣巡りに行こうか?…などなど。

 で、選んだ先は瀬戸内市です。ここには、岡山出身で大正浪漫の詩人画家、あの‟夢二式美人”で知られる竹久夢二さんの生家と夢二さん自身がデザインした少年山荘があるし、瀬戸内市立美術館では今、面白そうな展覧会をやっている…ってことで決めました。
‟夢二式美人”は、いまのななかとは対照的な細身の美人だけれど、この美人画に触発されて、ななかも生家や少年山荘前で写真に納まりました。
 ‟夢二式美人”とはいきませんが、“ななか式美女装”くらいにはなれたかしら???(爆)
Effect_20181016_203438.jpg Effect_20181016_204631.jpg



 ちなみに、昨日付ブログで、加工写真に一緒に写っていた矍鑠(かくしゃく)としたお爺さんは、ななかの新しいご主人様?!・・・ではなくて、瀬戸内市立美術館で開催中の展覧会作品で木彫りの像です。ななか、残念(笑)。

 
スポンサーサイト
2018/10/17

有給休暇で女装を満喫

18年10月16日 記

 今日は久しぶりに有給休暇をいただきました。
 期待していた?デートの誘いはなかったけれど、逆に、自由気ままに独り女装行を堪能することができました
Effect_20181016_205410.jpg

 今日は、自由に女装行できるとあって朝からそわそわ。「何を着ようかなあ~」って数少ない?衣装をとっかえひっかえ…。時間だけが無為に過ぎていくのだけれど、けっこうこの時間は楽しいものです
 で、アウターに選んだのは、袖リボンのプルオーバーにスカンツ。インナーは、昔の彼女がプレゼントしてくれた赤色に金の刺しゅう入りのブラとショーツのセット。この上にキャミソールとパンストを着用です。慣れないアイメイクも何とかこなして、女装行の準備完了です。
 この完女装行に、もう嬉しくて嬉しくてななかは笑顔満開です。
Effect_20181016_231514.jpg


 ・・想定外に?上手に?女装できたせいか?!、今日はマスクを着用することもなく、終日パスできたような・・・?!(笑)

 
2018/10/15

射精管理の貞操帯、その顛末は…

18年10月15日 記

 10月1日付の記事で“射精管理の貞操帯”について書きましたが、その後の状況報告です。

 結論から言うと、・・・
 今の?ななかには貞操帯は不要です!?。 

 玉を押し込み、クリペニを入れて、ピンで固定。そのピンに錠をかけて完全にロック。いくら感じて悶え、逝きたくても目の前のクリペニには指1本触れることができず逝くことができないまま悶絶状態が延々と続くのみ・・・。
 ご主人様に貞操帯のカギを外してもらわない限り、自分のクリペニさえ自由にできない不自由さと射精管理の隷従の日々にいつしか至福の時を感じるようになったマゾ女装のななか・・・。 もう、これからの人生、生涯貞操帯を付けたままご主人様にお仕えし、ご奉仕するんだわ! ああっ、嬉しい!!
Effect_20180930_180918_20181015141414fb0.jpg KIMG0746.jpg



 ・・って、妄想に耽っていたのだけれど、実は貞操帯がまるごと外れちゃいました!。
 ホルモン薬の服用?で、ななかのタマタマは、とってもとっても小さくなっちゃいました。手で触っても2つともその存在が確認できず、言わば、”タマ抜き豆サオ有り”状態なのです。そのため、一番小さい輪っかにタマを通しても固定してもタマや袋が存在しない豆サオだけの状態のため、根元の輪っかから外れてしまうのです…(涙)。
 また、ホルモン薬と合わせて、クリペニよりも乳首やアナルがより感じるように調教されているせいか、クリペニオナニーの射精禁止は全然苦痛ではありません(苦笑)。むしろ、最近ではアナルに肉棒やバイブ、ストッパーを入れて欲しくてたまりません。逆に、何かが入ってないとかえって落ち着かない状態で、アナマンか濡れてきちゃう今日この頃なのです・・・。

 「野良はしない!」と誓った?のに、最近では、「野良で何人ものから犯されたい!!」って気持ちは日ごとに強くなってきています。誰か、こんな淫乱ななかの心とアナマンの隙間を埋めてくれないかしら・・・?!
2018/10/11

ななか女王、降臨!?

18年10月11日 記

 ・・今は昔、‟ななか‟様という、それはそれは凛々しい女装・女王様がいたそうな・・・。

178256280 (2)

 かなり前のことになりますが、当時のプライベート女王様に頼まれて、M男君を1日調教したことがあります。


 調教の始まり?は、アイマスクで目隠しし、後ろ手に軽く縛った程度のソフトSMでしたが…。
 ななかは、M女装として苛められた日頃の恨み?を晴らす!?…ではありませんが、これまでななかが味わった?乳首責めやむち打ちなどを、M男君にと考えていたのですが、M男君はすぐにNGワードの連発でした。それでも、イマラチオには嫌悪を示さなかったので、ななかの肉棒を口深く押し込み、ピストン運動を繰り返しました。途中、M男君からNGが出かけましたが、「甘えるんじゃない!」って一喝し、ななかはイマラチオを続けました。

 ・・次第に、M男君の口術にななかもピークを迎え、“一物”をさらに喉奥に一気に押し込み、果てることができました。
   (ちなみに、この時が、ななかが男性の口中に発射した唯一の時でっす!!)

 
 ・・あとで女王様に聞いたところによると、M男君は何故か、「ななか女王様に、もう一度犯されたいです!!」って言ってたそうです・・・。
 M女装のななかが、ななか女王様に変身し降臨した、とってもとっても貴重で妖しく輝いた日です(爆)。

2018/10/09

女装・ななかの寝観音?!

18年10月9日 記

 ピクチャーホルダーを見ていたら、偶然ですがこんな写真を見つけました。

 130106_1454~010001-1 (2)_LI

 ななかの美しい?頃の写真になりますが、「ななかの寝観音」って言ったら言い過ぎでしょうか・・・?!



  ・・ちなみに、阿蘇五岳をはじめ、全国各地に“寝観音”はあるそうです・・・。