FC2ブログ
eye

M女

2019/05/14

ななか、責められの図

19年5月14日 記

 今日は上半身を緊縛され、クリペニとアナルを責められるななかです。

Effect_20190513_144149.jpgEffect_20190513_144019.jpg

 クリペニ責めだけでは”逝く”こともありませんが、アナル責めにはとっても感じる体になっていて、メス逝きしちゃいます。
スポンサーサイト
2019/05/10

続 縛られるということ

19年5月9日 記

 M女だからSのご主人様、女王様の言うがまま。
 決して逆らったり文句を言えない立場であり、それを破ることはタブーであり、隷女であることを自ら放棄すること。
1557112080733.jpg 1557111835973.jpg


 ‥でも、お互いに信頼がないと‟プレイ‟は成り立たないかも…。
 縛られることは体の自由を奪われること。直接体に危害?を加えられたり、持ち物を奪われたり、恥ずかしい写真を勝手に撮られたり、何をされてもどうすることこともできない緊縛された体。ご主人様に、心を“信頼”の元に縛られているからこそ、体も安心して縛られるのだと思う。
2019/05/08

縛られるということ

19年5月8日 記

 GW、最大10連休を謳歌!?
 …なんてことは、ななかにはなかったけれど、それなりに休み、それなりに女装生活を楽しみ、GW最後は縛られちゃいました(笑)。
1557111876380.jpg  1557111902640.jpg


 他人に縛られるってことは、やはり自縛よりも随分と感じちゃいます(笑)。
 きちきちに縛られ、陽光まぶしいホテルの窓辺に立たされる。裏通りとはいえ、人通りが絶えることもない明るい路地。誰かに見られるのじゃないかという少しの怖さと、それ以上に大勢の人に恥ずかしい姿を見られたいという被虐の悦びが交錯する瞬間。
 思わず笑みが漏れてしまうななかなのです(縛?いえ、爆)。
2019/04/01

ある日曜日のななか~その7(最終章)

19年4月1日 記

 ハーネスで拘束された体、貞操具で管理されたペニ〇リ、を大勢の観客の前で晒されたななかでしたが、実は公開羞恥責めはこれで終わりではなかったのです!!

 貞操具に嵌められた真鍮の南京錠。それを開けるカギは、ななかの首輪につけられていました。ご主人様はそれを手に取り、改めて観客に呼びかけました。
 「みなさん、上から下まで、ななかの恥ずかしい姿はご覧になった通りですが、秘部中の秘部、まだ貞操具に隠されたペニ〇リをご覧になっていないでしょう!?」と。
Effect_20190401_011708.jpg

 ・・南京錠が外され、貞操具が取り除かれて、ななかのペニ〇リが露わになりました。女性ホルモン服用による勃起不全はあるものの、羞恥と興奮で半立ち状態のななかのペニ〇リ。
 そして、それを貫く1本のバーベル状のステンレス棒。
 そう、ななかのペニ〇リには、ご主人様への絶対服従、所有物を表すペニ〇リピアスが貫通していたのです。

 ななかのペニ〇リを貫く1本のピアスは、体と性生活どころか、文字通り、体も心もご主人様への完全従属、隷従を示していました。


* ペニ〇リ・ピアスの“モロ画像”は禁止ですので、イラスト風?に置き換えています。
2019/03/30

ある日曜日のななか~その6

19年3月30日 記

 前回からの続き・・・

 ・・ななかの秘部はかろうじて両手で隠されていたが、それはほんの一瞬のことに過ぎない。
Effect_20190330_160842.jpg
 
 「無駄なことを、どうせすぐに秘部を羞恥の目に晒すに決まっているのに…。」
 しかしその一瞬の間にも、回りの観客はななかの手の下に隠れている赤いハーネスの先が、ななかの秘部に食い込んでいるのが容易に想像できた。おそらく、ななかの手の中には、ハーネスに締め付けられたペニクリが我慢汁の糸を引きながら天に向かって起立している姿を…。

 果たして・・・。
 ななかの両手が秘部から離れた。
 ななかの両手に隠されていた秘部を食い入るように注視していた観客は、一様に驚いた!

Effect_20190330_113108.jpg Effect_20190330_113016.jpg

 そこには、淫汁の糸を引きながら起立しているペニ〇リの姿はなかった。
 その代わりに、透明なケースの中に窮屈に押し込められているであろうペニ〇リと周りその周りにはみ出している包皮がかろうじて見いだされた。そう、ななかのペニ〇リは貞操具で管理されていたのです。
 
 ハーネスで拘束された体、貞操具で管理されたペニ〇リ。それらは、ななか自身の体と性生活がご主人様の支配下に置かれていることを示していました。
 本来は、ななか自身の所有物であるにもかかわらず自由に触れることも逝くこともできず、他人、ご主人様にコントロールされるしかない哀れなペニ〇リ。しかし、ななかにとってはそれは待ち望んでいた姿であり、そのことに喜びを感じるという悲しい性なのです。

 「ふう・・・」 だれか、どこからともなくため息が漏れた。
 
 こうして、ある日曜日のななかの公開羞恥ショーは終わった…?!
 

 


 ・・
2019/03/28

ある日曜日のななか~その5

19年3月28日 記

 前日からの続き・・・

 ・・ブラウスに続きスカートを脱ぐとハーネス全体を隠すものはチャコール色のパンティしかなく、それが、観客のみなさんはもとより、ななか自身にも邪魔で仕方ないように思われた
Effect_20190325_000449.jpg

 早く、赤色のハーネスに拘束されたななかの白い体すべてを浮かび上がらせたい・・・。
 でも、パンティを脱げば、さらに数倍も?恥ずかしい姿を曝すことになる!?

 ・・ななかは拘束から外されていた腕を思い出し、慌てて秘部を両手で覆った。たとえそれがほんのわずかな無駄な抵抗と知りつつも・・・
Effect_20190325_000324.jpg  Effect_20190325_000243.jpg
2019/03/27

ある日曜日のななか~その4

19年3月27日 記

 前日からの続き・・・

 ブラウスをはだけると、そこに表れたのは首輪と同じ真っ赤な色をしたハーネスに拘束されたななかの上半身。ハーネスは、ななかの首回りから女性にしては貧弱な、しかし女装にしては膨らんだ両乳房を絞り出すような形をつくり、さらにスカートの下に伸びていた。

 「ななか、今度はスカートを下ろす番だよ。もっと、恥ずかしい姿をみなさんの前に晒してごらん。観られて嬉しいだろ!」
 再びご主人様の声がななかを淫夢の世界に導いていく…。

Effect_20190325_000822.jpg Effect_20190325_000604.jpg

 ななかはブラウスを脱ぎ捨て、スカートのファスナーに手をかけたが、少し躊躇している間に、観客の誰かがスカートのすそをまくり上げてしまった。
 「ひゅー、やっぱりハーネスは股間にまで食い込んでいるぞ!はやくハーネスで拘束された全身を晒すんだよ!!」観客が叫ぶ。
Effect_20190325_000722.jpg


 ・・「いや、見ないで?!」と小声でつぶやいてみたものの、それはまったくの正反対で、ななかの本心は「嬉しい、、恥ずかしい姿をもっと観てくださいませ!」と叫んでいた・・・。
2019/03/26

ある日曜日のななか~その3

19年3月26日 記

 前日からの続き・・・

 ・・そう、ななかの首もとから覗いているのは”赤い首輪”なのです。
 清楚な白色のブラウスに派手な赤色の首輪。白づくめの中にワンポイント赤。けっこう目立ちます。また、見る人から見れば、それがチョーカーやリボンでないことも・・・。
 さらに、SMの経験者なら、「首輪だけでなくその先にもきっと何かあるだろう!?」と。

 そして、首輪にリードが取り付けられた・・・。
 好奇のまなざしが ななかに注がれる中、ご主人様から優しい口ぶりとは裏腹の冷徹な言葉がななかに告げられる。
 「ななか、言いたいことがあるのだったら、ちゃんと自分の口でみなさんに伝えるんだよ。わかっているのかな!」

 もう、この辺りからななかの頭の中は完全に淫乱な隷女状態です。
 「ご主人様!、ブラウスを脱いでも宜しいでしょうか?…、ななかの恥ずかしい姿をみなさんに観ていただきたいです!!」
 ・・ブラウスのボタンをひとつづつ外していき、前をはだけると、そこには・・・。

 Effect_20190325_001214.jpg Effect_20190325_001324.jpg


* 今日は想像をかきたてるためにイラスト風にしています。生を見たい方はお知らせください(笑)。 

2019/03/11

補正ガードルはアナルストッパーの着脱防止!?

19年3月12日 記

 一昨日、「呪縛の自縛!?」って記事をアップしたけれど、今日はその別バージョンです。
 あと、色気のない?補正ガードルを履いてますが、これはこれで実は意味があるのです・・・っていうのも、自縛緊縛だけでなく、ななかのお尻には直径30ミリほどの電動バイブが挿入されているのです❗
 20190312092238a23.jpg
Effect_20190303_201557.jpg

緊縛された上に、アナルまで犯される羞恥の快楽💖 それなのに、バイブがななかの中で暴れる多比に、抜け落ちそうになってしまうのです😨 いつまでも縄酔いとアナル責めの快感に浸っていたい✨💞 
 ななか補整ガードルはその防止策❗❔ってことで、ご理解くださいませ😅
2019/03/11

呪縛の自縛!?

19年3月10日 記

 相変わらず仕事に追われています
 一人残業を含めて連日連夜の残業、この土日も休日出勤するなど過重労働です…。

 なんとか、下着女装だけはキープしているものの、メイクも出来ずスカートも穿けない毎日が続いています(涙)。
 そんな欲求不満な日々が耐えられず、被虐の妄想に囚われの身となっています。

Effect_20190303_201557.jpg
 ・・そう、ななかは自分で自分に呪縛をかけました!?
  <呪縛>まじないをかけて動けなくすること。心理的な強制によって、人の自由を束縛すること。 ってあります。

  呪縛をかけて心理的に自由を束縛され、赤い縄を取り出して、自縛して肉体的にも拘束されました・・・?!

 そんなひと時の一人プレイが、いま、辛うじてななかをM女にとどめています・・・・・・・